NEWS

【Peru El Morito】ペルー エル モリト農園が出来るまでのストーリーとは

2013年に始まるこのコーヒーのストーリーはDavid Floresと彼の家族によってスタートしました。

その年、Davidは2ヘクタールの彼の土地にカトゥーラとブルボンを植え他のですが、実はこの時期多くのコーヒー生産者にとって大変な年だったのです。

というのも、ペルーではサビ病が蔓延していたのです。実際、その被害は中央アメリカの入り口にまで広がっている程でした。多くのコーヒーの木がサビ病の菌から生き残ることが出来なかったため、多くの農家が農場の全部分をほとんど植え替えることになったのです。

一方その頃、Davidはスペシャルティコーヒープロダクトの可能性に関してより詳しい情報を入手していました。
それがきっかけとなり、彼は質の高いコーヒーの生産についてとても興味を持ち始めたのでした。ブルボンやカトゥーラの品種は素晴らしいカッププロファイルを与えるのですが、サビ病の影響を受けやすい。
だからDavidは新しく植え直したコーヒーの木の扱い方を見直し、改善する必要がありました。彼は土壌、水の保全、堆肥の生産、そして農場での従来種の保護の実践を特化させたのです。
これらの全てのことが健康的な農園を維持し、サビ病から植物に影響を与えることを防ぐのに役に立ちました。
彼の最初の収穫年である2015年は生豆5〜6袋程と少ない量でしたが、翌年にはさらに2ヘクタールのコーヒーを植え、より多くのコーヒー収穫に成功したのです。

2017年にDavidはコーヒーのサンプルをその地域のコーヒーカッパーに持って行き、豆の品質を評価してもらう機会を得ました。
しかし、豆の表面にに茶色い影が見えるとすぐに、ポジティブなカッピング結果はでないだろうと伝えられました。最終的に彼はコーヒーに84点のスコアを貰えたことをきっかけに、Davidは自分のコーヒーには特徴的なキャラクターがあると気づいたのです。
彼は”エル・モリト”と命名し、特別かつユニークなコーヒーを作ることを決意したのです。
同年、Davidは率先して家族(父親・叔父・従兄弟)で団結し、スペシャルティコーヒーの生産に共同で取り組み始めました。
そして2018年、彼らはCOEに参加し20位を獲得することが出来ました。
彼らの全てに共通しているのは持続可能で高品質なコーヒー栽培への情熱です。

読んでわかるように、Davidとその家族はとてつもないスピードで新しいことへの取り組みを実行しています。
2018年に農園はBiolatinaによってオーガニック認定もされました。そして2019年と2020年の最後の2回の収穫では、発酵プロセス、時間、精製、乾燥期間などの収穫後の評価改善に注力してきました。
また、新しいソーラードライヤーも購入。同時に、彼らは農園に新しい要素も取り入れ始めているのです。2019年には10ヘクタールにゲイシャ・ブルボン・イエローカトゥーラの素晴らしい品種が加わりました。

彼らのビジョンは2023年までにより持続可能で収益性が高く、ペルーで最高のコーヒー生産者になることなのです。

□テイストコメント
バランスの取れた味わいの中に広がるコクや綺麗な酸味が特徴的。
蜂蜜のような甘みも感じられる。

農園 : El Morito
エリア : Cajamarca(カハマルカ) ペルー北西部、アンデス山脈中の都市。
地区 : San Jose de Lourdes
農園主 : David Flores Chilcon
品種 : カトゥーラ、ブルボン、ティピカ、ゲイシャ
標高 : 海面から1,710m
精製 : ウォッシュドプロセス。天気、気温によって変わるが、平均で25-35時間タンクにて発酵させる。