NEWS

【Ethiopia Guji Wete Ambela Coffee】エチオピア グジ地区のご紹介

グジ地区は北隣のイルガチェフェ地区に比べて少し標高が低く、平均気温は約2度高くなります。
今回のコーヒーが生産されている農地はほとんど自然の森に近く、小規模生産者はそれぞれ120本くらいの樹木しか所有していません。もちろん農薬は使用されず、堆肥や落ち葉をまくくらいです。
収穫期には、小規模生産者は家族総出でコーヒーチェリーのピッキングを行い精製所に持ち込みます。
その精製所ではコーヒーチェリーの熟度を評価する際、チェリーが重ならないように留意して広げるため、完熟したチェリーのみが精製されるのです。
そんな完熟したチェリーの甘みを存分にお楽しみ頂けるコーヒーに仕上がっております。

□テイストコメント
ブラックベリーのような華やかさやカカオのようなコクを感じられる。
エチオピアらしいフルーティーな余韻を楽しめる一杯。

農園名: Wete Ambela Coffee
生産地: エチオピア・グジ地区
栽培品種: 在来種(Heirloom)
標高: 1,950-2,100m
グレード: G1
精製処理: Natural(非水洗式)

その他、今回のコーヒー生産者の情報も少しご紹介致します。

-Introduction-
Wete Ambela Coffeeは、生産者のMekuria Mergiaが立ち上げた個人経営のコーヒーカンパニーです。2018年創業のスタートアップで、YirgacheffeとGujiにそれぞれ精製所を、そしてGujiのAnferara(Mesina)に自社の農園を所有しています。エチオピアでは大手の輸出業者やエステイトコーヒーが主流である中、彼らのような個人経営の生産者は注目を集めています。初のクロップはヨーロッパや北米の輸入業社に高く評価され、カップオブエクセレンスに先駆けて2019年に行われたTraboccaのプライベートオークションで入賞も果たしました。

私は彼らのインディペンデントな姿勢に興味を持ち、リサーチを重ね、彼らとコンタクトを取りました。彼らはイルガチェフェとグジの精製所に招待してくれましたが、季節外れの集中豪雨によって道路が濁流で遮断され、グジへ行くことは叶いませんでした。イルガチェフェの精製所は、感動的なロケーションでした。ガイドがいなければ見つけられないような目立たない入り口から細い道を抜けると、山々を見渡せるような、広々とした眺望が広がります。そんな中、大人数の女性たちが歌を歌いながらハンドピックをしている光景はとても美しいものでした。

後日、アディス・アベバにある彼らのオフィスを訪ねました。がらんとした、新しいのになぜか廃墟感が漂うビルの一角に彼らのオフィスはあり、応接室にはまだ新しいソファと事務机がいくつか置かれていました。ここから彼らの物語が始まる。そんな予感を感じさせる場所でした。

-Person-
代表のMekuria Mergiaは長年コーヒーに携わり、小規模生産者と精製所をつなぐ仲買人のような仕事や、精製に関する仕事をしていました。2017年、ECXの規制が緩和され、ライセンスを取得すれば個人所有の精製所とバイヤーが直接取引ができるようになったことを契機に、この会社を設立しました。貫禄のある風貌をしていますが、ビジネスの感覚は鋭く、SNSでのコミュニケーションにも長けています。マーケットを熟知し、リテラシーが高い彼がこれから何を仕掛けるのか、とても楽しみです。